高血圧の数値と治療・改善

高血圧改善に特定保健用食品

高血圧改善のための機能性食品として、特定保健用食品、通称トクホの認定を受けた食品が多く売っています。

 

血圧が高めの方向けのトクホ認定を受けた食品は国が確かに高血圧解消効果があったということを担保している食品であり、高血圧に対して何らかの改善効果が見られるものです。

 

トクホ認定の高血圧用健康食品には、塩分排出作用が高いものが多いようです。

 

特に、ミネラルの一つであるカリウムを多く含む食品が多く見られます。カリウムはナトリウムの排出に役立つ成分であることで知られ、バナナなどに多く含まれます。このカリウムを添加し豊富に含むものなどが認定を受けているのを目にします。

 

また、ペプチドやギャバなどの血圧を直接低下させる成分を含むものもいくつか見られます。すでに血圧が高めの方、塩分の摂取量以外を主原因とした高血圧の方などはこれらの健康食品が適当でしょう。あるいは、塩分排出効果の高い健康食品と組み合わせて食べるのがベストであることは言うまでもありません。

 

一つだけ注意すべきは、すでに高血圧が進行してしまっている人はトクホ認定と言えど健康食品の摂取だけで終わらせてはいけません。

 

確実に病院で診察を受け、降圧薬などを使用する必要があります。高血圧は急に致命的な症状を引き起こすこともある危険な病気です。

 

進行してしまった場合は薬を使い、軽度の治療や予防にはトクホの健康食品を利用するなど、うまく使い分けましょう。

 

高血圧改善には正しい理解が必要

 

高血圧についての認識で、次のような声を頻繁に耳にします。

 

高血圧は症状が出始めてから心配すればいい、まだ問題が起きていないなら心配する必要はない」…特に中高齢の方が言っておられるようですが、この考えは大きな間違いです。

 

高血圧の状態は、常に血管にダメージを与え続けている、非常に危険な状態であるということを確かに認識する必要があります。

 

高血圧状態とは、血管に過大な圧力がかかっている状態です。血管壁に高い圧力がかかるとどうなるか。まず血管はしなやかさを失い、拡張しにくくなっていきます。血管が広がらなくなっていくのです。

 

このことは高血圧がさらなる高血圧を呼ぶことを意味しており、また血の塊である血栓が流れてきたときも詰まりやすくなってしまいます。

 

また、高血圧状態はこの血栓の発生率も高めます。常に血管壁が血液によって削られているような状態なわけで、少しずつ血管壁の組織が崩れ落ち、ある程度以上の崩壊が起こると血と交じり合って固まり、血栓を形成します。

 

つまり、血栓が詰まってその先の組織が壊死し、不可逆で重い後遺症をもたらし、さらには死ぬことも多くある心筋梗塞や脳梗塞のリスクを二つの面から高めてしまうということなのです。

 

脳梗塞は助かっても壊死した脳の組織は一生復活せず大きな後遺症が待っています。心筋梗塞の発作は人間が遭遇しうる中でトップクラスの激痛であり、七転八倒で救急車に運ばれ一命を取り留めた人が口をそろえて「胸を車で轢かれたよう」と語ります。

 

食生活にルーズな方はこれらの疾病に対して根拠のない楽観視をし、発症してから考えると語りますが、そう思っていた人が発症後もれなく病院で強く後悔をしているという現実があります。

 

後遺症や激痛に怯えながら余生を過ごすのは辛いものです。何も毎日粗食に耐え生きることを要求されているわけではありません。

 

毎日の塩分摂取量を少しずつ減らし、健康的な食生活に少しずつ向かっていけばいいのです。後悔する前に行動に移しましょう。

 

高血圧の改善にはLDLコレステロールのコントロールが必要

 

高血圧の原因の1つには高コレステロールが挙げられます。コレステロールといっても本来は必要な物質でありますが、過剰になると血管にたまり血液の流れを悪くしてしまうのです。特にLDLコレステロールは体に良くないもの。ですからしっかりと対策しておきたいですね。こちらのLDLコレステロール下げる方法のサイトなら血液サラサラにするサプリメントを紹介しています。